忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/26 19:52 】 |
余裕は魔物

年末年始の休暇に入りました。とても年末とは思えないような気候の中、微妙に風邪をひいてみたり風邪なんてひいておらんでごわすと強がってみたり、みなさんもご自愛ください。

休暇に入ってまずやったことは、遅れ気味だった洗濯のサイクルを戻したこと、出し損ねていたクリーニングと、クリーニング済みで預けたままだったものの回収。ほっと一息ついたところで、突然見たくなったDVDを借りるためTSUTAYAの入会手続き。いろんなものを済ませました。

時間的な余裕もできたため、どうでもいいような部分にも目が行き、11月くらいから気になっていた新しい携帯電話のラインナップを再チェック。当時は継続6ヶ月で機種変更割引対象外だったため見送っていましたが、ちょうど7ヶ月目に突入したことでもあり、新しいものを試してみることに。

利用していたモデルはauのW32SAIIで、利用もしないワンセグ対応初代機だったため、ゴテゴテと大きなサイズと微妙なハンドリングの悪さが不満でした。特に3cm弱になる折りたたみ時の厚みがネック。今度は薄型を試そうと決めていました。

薄型といえばDoCoMo/ソフトバンクに目が行きます。NMPのおかげで割りと好みの番号を持越しできることで惹かれていましたが、やはりauのサービスが魅力的なのでキャリア変更はなしの方向で。薄型、薄型…。単純に薄いだけならサンヨー製のA55xxシリーズですが、WIN機ではないため機能的に不足…というところで発売されたのが京セラ製のW44Kでした。

さて、京セラといえば、造りが固いソフトが甘いという先入観を持っていたため、これまでは候補にも挙がっていませんでしたが、今回の優先度は薄さだったため、突如有力候補に。店頭の実機を触ってみるものの、ICカードが入っていないため、EZナビやその他の機能を試すことはできませんでした。ただ、最新機種と言うことで、W32SAIIで気になっていた処理のもっさり感は解消されているだろうとお試しは切り上げ。

そのまま機種変更手続きに突入…無計画すぎます。もう我ながらアホかと。

ところが、その携帯コーナーではW44Kは新規のみ受付とのこと。微妙にショックを受けつつ、その近辺の携帯SHOPを数件記憶から掘り起こします。こうなったら意地でも機種変やっちゃる…とばかりに歩くスピードも当社比20%増。

ええ、その勢いのまま、代金の比較もすることなく最初に見つかった場所で手続きしましたよ。

そして自宅に帰ってちょこちょこいじって終了。好みの設定にしようと思いましたが、特に触ることなく設定完了。京セラのシンプル設定は密かにわたしの感性に合っていたようです。次の機種変候補に京セラも追加しよう。

いまのところ気になっているのは、文字入力の変換候補を選択する場合に上下だけしか使えないこと。左右キーは変換対象の長さを変える機能に固定されていました。ちょっとW32SAIIと違うけど、許容範囲かなぁ。気になっていた処理速度ですが、顕著だったのはEZナビの速度改善でした。ぐったりもさもさだった動きが機敏になっていました。ぐーじょぶ。

ということで、しばらくは不満を感じることなく使えそうです。まぁ携帯キャリアに踊らされているとも言いますが。

PR
【2006/12/31 14:54 】 | リアル | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<恐怖ベリット吸引機 | ホーム | 今日のごはん>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]