忍者ブログ
  • 2019.04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/05/25 02:51 】 |
Gv 10/5

新しいことはいいことだ。

土曜日はぐったりしてました。日曜日の日中に、土曜日に先送りしていた用事を済ませて、夜のGvタイムに備えます。主に新しくなったPCとRO/Gv環境の調整に。ギルドにも、最近PCを新調してGv向けの大幅強化がなされた人がいて、実のところ、わたしのPC新調の7割くらいはそれに影響されたものだったりします。あなたに影響されたんですからね、責任とってPC代金半分持ってください云々。そして後付のように、みなさんGvおつかれさま。

● ベースキャンプ

今週の事前調整では人数が集まらない雰囲気。レース展開を前提にPT編成に頭を悩ませます。すると、どこからそうなったかは定かではありませんが、いつのまにか別働を組織しようじゃないかということに。あのープリ不足とかブラギ未定とかFARどうするのとか問題山積ですけどー。でもいいんです、そんなちょっと無茶な計画立てるくらいじゃないとレーサーはやっていけないんです。実際に日曜日になってしまえばFARありブラギありプリ4名別働LK2とまるで狙っていたかのような構成ができていました。無茶ってすごいですね。

わたしはプリ配置の関係で別働支援となりました。なんと普段ベースに置いている主要ポタ担当も別働に組み入れるという豪華ぶり。落城即ポタ出しという本隊の回転数を上げるための施策だったベースプリですが、それを吸い取った別働の機動力はすばらしいものになることでしょう。それでは開幕C1からのスタートです。

● レース展開

開幕少数でしたが、一人だけいたFGPのスナイパの人が細道にアンクル敷いてました。見事にかかるLKとプリ。ええ、AP別働隊は初手から転んだようです。落城を果たしたのはChai's Factoryのアサクロさん…かな。気を取り直してリベンジをかけます。続いて気合を入れてER到達してからアサクロを警戒してルアフしているとLKの人が到着。次いで対抗ギルドのLKの人が来るも、どうやらブレイクする気はない様子。味方のLKの人が叩き始めたところで安心していると、不意に湧き出すアサクロ一騎。エンペリウムに重なってタゲ取れない状態だったため、アスペもできず終了となりました。

屈辱の開幕でしたが、3ターン目にはようやくブレイク。ただ、リログした時に不正対策が更新されましたという久しぶりのダイアログ出現。BCの二人目のプリでC4ポタを出して別働は一時転戦。もう、これからだったのに。それからはC1/C4/B4/V5と転々としてやってきたC2です。ここではSakura HarleyさんとWelcome to the fuzzさんが競争相手でした。

f5bd5921.jpeg最初の数回こそLK2騎で臨んだAPが楽々と競り勝っていたわけですが、いつのまにか青いエンブにはWizの人が追加されていました。妨害を嫌って増援が到着しました…といったところでしょうか。

丁度、減速を入れた直後に高速SGが反撃で飛んできたところですが、なんということかSGの中の人に重なっているじゃないですか。がくがく。微妙な立ち居地が呪いを呼んだようです。

そしてさらにはLKの人が増員されてきました。

c0b084b8.jpeg純粋に戦力強化かと思えば、片方のLKの人はスピアブーメランを撃ってくる始末。ああ、前衛じゃなくてプリを足止めするのはいいんですが、APのLKは先行してますよー。いや、散々妨害したのはこちらが先なので気持ちはわかるのですが…。

LKの人はわたしを狙ったおかげで足が止まっています。それこそこちらの望むところなのですよー。

● ラスト

C5をターゲットにしましたが、落城スピードを読み誤ったようで、少々早めにブレイクしたようです。状況からEmCも見送りで次のターンに臨みましたが、今度はMAP2まで進んだ時点で時間切れ。残念でした。

● まとめ

今週は別働支援ということで、キリエを持っているプリを出陣させてみました。レースであればキリエの方が有効だったり、耐久力に大きな差がなかったりと、ハイプリである必要性は低いんですよね。往年の職人芸復活とばかりにブレス速度キリエIMを一定間隔で更新して突入に備えるスタイルで支援してみました。

また、今週から新しいPCでのチャレンジだったこともあり、突入速度の向上具合も試すことができました。むしろ支援よりもこちらがメインだったかもしれません。

狩りである程度は実感していましたが、驚くほどにスムーズな進入と画面切り替えでした。ローディングゲージが100%になってからの暗転が非常に短く、レース展開で必要なスタートダッシュにストレスを感じることはありませんでした。新しいことはいいことだー。

まぁ、サーバ事情で、スキル発動までに10秒かかったり、歩くことすらままならない場合もありましたが、それ以外は概ね良好。ぐったり具合は対抗ギルドさんも一緒なので純粋に実力勝負です。嬉しかったのはDualCoreのマシンになったおかげで、録画が非常に楽になったことですね。もちろん編集も。

と、最後はプリの課題とは離れてしまいましたが、今週試してみたキリエ持ちプリへのスイッチは効果的だったようです。やはり弓ガーディアンの攻撃を1~2回でも防げるのはレース会場では非常に重要ですから。もちろん、敢えて対抗ギルドさんをちょっとだけ先行させて弓の餌食にするというテクニックもあるのですが、戦力に乏しいときにはキリエでごり押しして弓を後続に押し付けるのも効果的な戦術です。

来週以降も試してみたいところですが、残念なことにキリエ持ちのプリはSWを取得してないんですよね。確保戦に向けてはSWサンク持ちのハイプリが活躍できそうです。

PR
【2008/10/07 01:09 】 | RO-Gv | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<やっぱりケミはカードに好かれているのか | ホーム | ケミの育成=カード収集?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]