忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 02:40 】 |
Gv 7/15

つうこんの、初歩的ミス。

ベースキャンプ警備員も3週目となり、そろそろ基本的なタイムラインは問題なくなりました。もはや強まったポタ子として、どこに出しても恥ずかしくないでしょうー。

今週の展開は前半に配置確認の時間が設定されていたため、偵察ポタや復帰支援も薄めでした。おかげで忙しいタイミングで物資補給のためにカプラに走るということもなく、ごく平和なベースキャンプでした。さらに、最終防衛地での対応時間帯も、敵影が少ないのか防衛体制が整っていたのか、復帰してくる人は数える程度。こんなに楽だと、ポタ子っていいお仕事だなあと気分も緩んできます。

そして時が訪れました。防衛ラインが突破され、遅延解除からの建て直しです。ライン再構築も滞りなく行われ、指揮からは復帰を見込んで旗ポタへの変更指令が飛んできます。これも予期していたことなので、BCから復帰準備をしていたRKの人を送り出すと同時に、わたしもポタに乗って旗へとセーブ位置を変更します。これで、万全だ。

しかし、ラスト数分、再び戦局は自軍の不利に傾きます。わずかな時間を残して落城を許す結果となってしまいました。慌ててリターンをかけるギルメンたち。わたしはすぐさま復帰ポタを投げ、そして、気づきました。

「旗ポタに、なってる…」

ポタを抜けたギルメンからも、ああ、という声が聞こえます。ですよねー。旗からだと、砦までかなり遠いもん。

ひとしきり送り出した後で、わたしもポタに乗って慌てて砦前にセーブ位置を変更します。これで次回の送り出しは大丈夫の…は…ず…。

そう思ってベースキャンプに戻ったわたしを待っていたのは、ポタ待ちのギルメンでした。oh...

今回得た教訓は大きかったです。ポタ位置変更でベースポタ不在になってどうするのかと。せっかく用意しておいたアコはこの時のためのものではなかったかと。ラストの旗ポタは、正ポタの位置変更ではなく、副ポタのアコを使って用意するのが正解でした。そして防衛崩壊時には、素早く副アコの旗ポタを停止して正ポタに復帰して砦前に送り出してこそ、ポタ子の名にふさわしいというものでしょうー。

ポタ子の名は一時返上して、いつの日か!再び栄光の名前を得るまで、がんばる!

PR
【2012/07/16 12:46 】 | RO-Gv | 有り難いご意見(0)
クリアサ改め、クリ騎士

げんてん、かいき。

少し時間を作れたので、久しぶりにクリアサを動かしてみたのでした。そろそろレベルも上がりにくくなり、西ココモビーチでチンピラさんを殴り倒してはフルーツをカツアゲするという生活も成立しなくなってきました。オットー討伐でも受けておけばよかったかなあと、重量ぎっちりまでドロップ拾って、モロクの街へと戻ります。

6c130ee0.jpegもう一息で狂気POT飲める域ですが、Agiもそろそろ頭打ちです。改めて計算してみたところ、最終ステでもAspd向上はもう見込めそうにありません。当然のことながら、火力のほうも特化武器や短剣を用意しなければ残念なままに…。

そしてわたしは気づいたのでした。+7ヒュッケ耳とヒュッケ尻尾2本のしばりが強すぎるんだ…。悪鬼の仮面は持ってはいますが、元々190overの世界のためと考えていたので、まだ転生もしないうちは考慮していませんでした。しかし、問題点はそんな部分ではなかったのでした。

これまでにかけたヒュッケセットの資産価値をなんとか使い倒したい!

わたしの根本は、案外浅いところに沈んでいたようです。となれば、いつものように装備から職やスタイルを選択してきたわたしのやり方を思い出して、最適な職を選び出しました。

c2039c5f.jpegはいできあがりー。+9村正、+7ヒュッケ耳、ヒュッケ尻尾2本のガチガチ装備しばりの職とスタイルが固まりました。アナタ騎士イマセンデシタカー!?という声が聞こえてきそうですが、そんなことはどうでもいいのです。

未精錬村正から始めた今のRKではなく、よりとんがった、今持てる装備からスタートさせるスタイルを追及してみようかと思ったのです。ええ、原点回帰なのです。単なる2度ネタとかじゃ、ないですよー。

村正の攻撃力のおかげか剣士時代は、駆け抜けるには少し惜しいほどの楽しさでした。ばしっばしっと、ローテンポながらも、高い与ダメでなぎ倒し。転職してからはAgiを限界まで引き上げて、Agi+2料理、月夜花帽のIA1まで前提に入れてなんとかAspd188に到達。オットーを普通に殴れるようになったことでレベルもぽんぽん上がるため、しばらくLukに振ってCri底上げによる火力安定を図ります。やっぱり50%しか当たらないと、ちょーっとクリ騎士とは言えないですよね。

オットーだとJobが壊滅的になりますが、とりあえず騎士時代であれば2HQだけあれば十分なので不問の方向で…。

【2012/07/15 01:01 】 | RO-騎士 | 有り難いご意見(0)
Gv 7/8

段取り、だいぶ洗練されてきた。

今週もポタ係やってました。特に乱戦の場面説明とかはないので、読み飛ばし推奨。ちなみに来週もポタ係やる予定なので、ブラギとか見たい人は残念なのでした。

さて、今週のポタ係ですが、欲張ることはせずにVLCの3箇所を維持。ブラギS4Uとサンク植樹で2時間を突っ走ります。ポタを絞ったおかげで、戦局を見る余裕が少しだけ生まれました。おかげでEmC直後にマスタをポタに吸い込むだけではなく、EmC乗り遅れや、乱戦状態から復帰するメンバを待ち受けてサンク植樹する流れをつかむことに成功。

これで経験をつんだわたしは、だんだんと効率的に植樹するタイミングを習得していったわけですが、ギルメンが大量復帰するタイミングにあわせて植樹設置すると、ちょうどEmCで再集結が衝突して植樹空振りという場面が数回ありました。BC引きこもりの警備員としては、自分の世界を支配しきれないということなので残念でしたが、戦線が崩れ始めたタイミングでの再集結がよく機能していたという証でもあるので全体としては全然問題なし。つまり、マスタを送り出してから前線到達とEmC判断を予測して植樹要否を判断できるようになれば、さらに強まったポタ係になれることでしょうー。

ということで、今日の触媒消費量は、聖水50個くらいと、青石550個くらいでした。金額としてはけっこう出てしまいますが、送り出す対象の人数からすれば、それほど大きな消費というわけでもない…と思いたい。どちらも入手の難しい消耗品というわけでもないので、もっとタイミング習得して無駄撃ちを回避する方向で。

 

【2012/07/08 23:22 】 | RO-Gv | 有り難いご意見(1)
Gv 7/1

あらたな、吸い込み。

しばらくinしにくい状況だったのですが、短期間のブランクを明けてみれば、いつの間にかあたらしい同盟が組まれていました。びっくり。人見知りのわたしは知らない人としゃべれないので、普段のロキセットではなく、ポタ担当で前線から離れたベースキャンプに引きこもることを思いつきました。これだ、すばらしいアイディアだ。今回は、ブラギではなく、偵察ポタにみんなを吸い込もう。

dc469adf.jpegそうなると乱戦の画像とか動画とかが拾えなくなるので、記事にするときに困りそう。実際、落ち着けたのはGv時間終了後だったので、みんなしてプロに戻ってきたときの絵しか残っていません。勢いでポタ担当を買って出た割には無計画なわたしでした。

しかし、そんなぶっつけ本番のポタ担当でしたが、今まで頑張ってくれていたポタの人の真似をすればいい…そんな甘い考えは、開始十数分で吹き飛んでいました。軽々とこなしていたように見えていたのですが、中の人はほんと忙しい。

ブラギS4Uは効果時間が長いので平気なのですが、ギルドメッセージで戻ってくる人を見越してサンクと復帰ポタを設置。人数が多いときには植樹してSPも回復を図ります。これだけでも結構大変なのですが、サンク回復が900くらいしかないので、MHP多目の人にはヒールやハイネス連打して送り出し。余裕があればブレス速度も入れていれば、のんきにギルチャで雑談する暇もありません。ポタの人、すごかったんですね。

ポタ神「あなたを、新たな信徒として迎え入れましょう」
わたし「ありがとうございます。神さま!」
ポタ神「しかし、今日の動きには無駄が多かったようですね。精進を期待します」
わたし「わかりました!がんばります!」

当初は、欲を出してブラギ+プリ+アコでCVLBの4方面をカバーしようと考えていたのですが、ふしぎな啓示を受けてそれが無駄な動きであったことを悟りました。というのも、それが有効に機能するのは偵察の数分間だけのことで、それ以外の時間は復帰者向けにも自分にもS4Uの方が効果的だったためです。

復帰者向けの植樹についてはS4Uで底上げされたMSPが有効なことは言うまでもありませんが、ちょっと忙しくてアンシラ作成を3連続した場面では一時的なSP切れになったりもしました。植樹してしまえば一気に回復するので問題ないのですが、やはりアコは偵察先変更のバックアップとして待機させるに留めて、S4Uを維持するのが上策のようです。

ということで、ポタ担当甘く見んじゃねえぞという洗礼を受けたわたしは、教訓を生かして次回のポタを充実させるべく研究を始めたのでした。

【2012/07/01 23:29 】 | RO-Gv | 有り難いご意見(1)
Gv 6/3

防衛、ざんまい。

昨日は夏服を作りに行きました。でも、つるしのだとサイズ合わなくて、試着2hくらいずっとしてました。イージーオーダーだと、生地とデザイン選んで、サイズ取り直すだけでいいからすぐに終わるのにね…。安くあげようと考えたのは失敗だった様子。そのおかげで、今日は眠くて、ちょっと長めの昼寝になりました。夢におかあさんが出てきて、ぎゅった使うねとか訊いてきた。いや、いらないから。

ということで、夕方に目覚めたわたしは、久しぶりに2hのGvフル参加となったのでした。

● 防衛

いつもなら後半だけの参加ですが、不意に現れたわたしのおかげで、指揮の人が作戦を急遽変更。防衛主体の展開に方向修正となりました。C砦ばっかり、空家を探しては防衛ラインを構築して、いつもよりじっくり練習を重ねます。

cc574c13.jpegわたしの役目はWPの門番です。今日もロキ張って、地獄の歌を連打します。しかし、どうやらわたしたちが防衛風味だということを聞きつけたのか、獄煉さんが大挙して押し寄せてきました。

当然のように地獄5枚をやぶられ、どかーんと散ってしまうわたしたち。しかし、やられても、やられても、次なる砦にもぐりこんで防衛ラインを再構築するのでした。今日はゾンビ成分が多分に含まれているようです。ぞんびー。

本来であれば、画像のようにMAP3ラインが破られた直後にERでEmCしてラインの再構築、遅延解除という流れになるのですが、いろんな理由で練習時間中は今ひとつキマりません。運が悪いのか、それとも戦局の流れをつかみそこねているのか…。

そして防衛をぶっこわされたわたしたちは、すぐさま偵察に飛ぶのですが、今回はわたしも少し働きました。いつもはBCでブラギS4Uを展開しつつさぼっているのですが、ちょっと積極的に走りこんでみたのでしたー。

09b2f30d.jpegそして中盤のC5ERの絵がこちら。

レース会場っぽい雰囲気だったので、飛び込んでみたのでした。ERにはあ!のWizの人がエンペをぺちぺち殴っていました。最初は敵対行為で臨んでいたわたしですが、倒せるだけの火力もないので夕日のアサシンクロスを展開してWizの割りを支援です。しかし、続いて獄煉さんや、やきとりさんが参加してきたので、わたしも考えを改めました。

わたし「少し、本気を、出そう」

常に持ち歩いている憑神のギターを手に取ると、アサシンクロスを解除。猛然とエンペに殴りかかります。ギター持つだけでAspd193になれるのは便利ですよね。そして、狂ったように殴るわたしにおそれをなしたのか、周囲を囲んでいる対抗ギルドの人たちは、すーっと消えていったのでした。

祝!初勝利!

よろこびをかみ締めつつMAP3へ移動すると、ちょっと仕掛けにかかります。きっとまたC5にみんな来てくれることでしょう。そこで…。と思っていたのですが、別砦で進行していた作戦にEmCで合流することになりました。試みは、不発。ちょっと残念。

と、2hの時間を十分に楽しんだわたしたちでしたが、ラストは残念ながら防衛を崩されて確保とはなりませんでした。あと2分くらいだったのになー。終わったことは仕方がありませんが、今回の防衛練習で少し得たものもあるので、次回に活かすことにしましょう。それでは、またいつか!

【2012/06/04 00:14 】 | RO-Gv | 有り難いご意見(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]